「キレイ」をアナタへお届けします。銀座クレフ化粧品のオンラインショッピング。
ようこそ、ゲスト 様
  • クラブクレフ登録
  • 初めての方へ
  • キャンペーン情報
買い物かごを見る
商品数0個 合計0円
  • 買い物かごを見る
  • ログインはこちらから
  • クラブクレフ会員さまへ
Series
  • DIAD'OR Enseul
  • DIAD'OR
  • THALASEA
  • BLANESSE
  • a vie la vie
  • SPECIAL CARE
  • SUPPLEMENT
  • ORIGINAL GOODS
SkinCare Categories
  • モンドセレクション受賞
  • お客様の声
  • きれいのヒント集
  • 専門医に聞くプラセンタエキスの話
  • Fan to Share
  • 動物実験について

専門医に聞く「プラセンタエキスの話」

クレール2012年Vol.26からVol.33に掲載

専門医に聞く「プラセンタエキスの話」

「ディアドール」シリーズの主成分「プラセンタエキス」。皆さまからお問合せの多いご質問を、婦人科の専門医に伺いました。

「成城松村クリニック」 松村圭子 院長
「成城松村クリニック」 松村圭子 院長
婦人科・美容皮膚科
日本産科婦人科学会専門医
日本補完代替医療学会学識医
1995年 広島大学医学部卒業
広島大学医学部 産科婦人科学教室入局
現在、高輪メディカルクリニック女性外来医長も務める


Q1:動物原料は、病原菌や副作用に対する安全性が気になってしまいます。

A1:安心して使って大丈夫です!

まず理解していただきたいのは、動物性だから危険、植物性だから安全ということはない、ということです。

動物性・植物性ともに、加工前の原料には、雑菌や刺激物質が含まれている可能性があります。それらを除去して安全な原料に加工するために、厚生労働省の安全基準があります。基準を満たされたものは、病原菌の混入などはありません。

特にプラセンタエキスは、化粧品やサプリメントだけでなく、医療の現場では注射にも使用される成分で、血液やホルモンなども完全に除去されています。衛生面・安全面で言えば、市販の食品よりはるかに高い水準で作られているのです。

副作用に関しては、どんな成分でも100%ないとは断言できません。ただし、プラセンタエキスの長い歴史の中で、副作用の症例はほとんどありませんし、私も今までに経験したことがありません。それを考えると、安全で有用性の高い成分であるとは間違いないでしょう。

ページの先頭へ

Q2:アレルギー体質なのですが、プラセンタエキスは使えますか?

A2:アレルゲンの特定が必要です。

副作用と同じで、どんな成分でも絶対にアレルギーを起こさないとは言い切れません。また、今までアレルギーのなかった人でも、突然アレルギーを発症することもあります。花粉症がそのわかりやすい例ですね。

アレルギーの原因を調べるには、専門の医療機関で原因物質であるアレルゲンの検査をして、どの成分が症状を起こしているかを特定します。(場合によっては、特定できない場合もあります)よって、プラセンタエキスでアレルギーが起こるかどうかは、使ってみないと判断のしようがないのです。

ただし現在の医療現場では、プラセンタエキスの持つ免疫調整力は、アレルギーの治療に積極的に利用されています。プラセンタエキスは、たった一個の受精卵をわずか10カ月弱で赤ちゃんに育てる、非常に強力な活性力を持っていて、この力が体のバランスを整えて、不調を改善します。その結果、アレルギーの改善も期待できるというわけです。

ページの先頭へ

Q3:プラセンタエキスを飲むと、がん細胞が大きくなるって本当ですか?

A3:そのような例は過去にありません。

近年、プラセンタエキスの人気が高まるにつれて、様々な根拠のない情報が飛び交っています。

ご質問の「がん細胞が大きくなる?」に関しても、きっと「普通の細胞が元気になるのだから、がん細胞も活発に動き出すのでは?」という想像からの不安だと思いますが、結論から言うと、そういう前例はありません。

プラセンタエキスは、確かに細胞を元気にする力がありますが、それは体のバランスを整えることで、その人が本来持つ自己治癒力を引き出すためです。

プラセンタエキスが身体機能を正常化すると、体が本来持っている「病気に打ち克つ力」が強くなります。実際、がんの研究機関でもプラセンタエキスを治療に役立てる研究が進んでいます。

ただし、治療は医師の診断のもとで行われるべきで、素人判断は厳禁。病気の治療中の方は、プラセンタエキス摂取の前に、必ず担当医師に相談するようにしてください。

ページの先頭へ

Q4:プラセンタエキスを使用する際、注意点などはありますか?

A4:過信しないで生活改善を。

プラセンタエキスに限ったことではありませんが、「この化粧品を使えばきれいになる」「このサプリメントを飲めば健康になれる」などと、過信するのは禁物です。

この世には、若返りの薬も、痩せ薬もありません。プラセンタエキスも、体のバランスを整えながら、じっくりと体を正常に近づけて体質改善していくものです。また、効果のスピードに関しても個人差があります。

それをあせって「変化がない」と決め付けるのではなく、日々の生活改善を心がけながら、じっくりと続けていくのが、良い結果を出す近道です。

プラセンタエキスは、とても古い歴史を持ち、多くの方に認められてきた成分です。特定の症状への対症療法ではなく、その方の体が本来持っている力を引き出し、健康な状態に近づけるサポートですので、それを理解したうえで、上手に生活に取り入れるようにしましょう。

ページの先頭へ

Q5:プラセンタエキスを摂取すると、いったい何に効くのでしょうか?

A5:体全体のバランスを調整します。

プラセンタエキスは特定の病気や症状に効くというよりも、体のバランスを整え、本来の健康な状態に近づけるものです。

そのため医療の現場では、内科や婦人科、神経科、術後の体力回復など、様々なケースに処方されています。

中でも肝臓病の治療には、長い歴史があり、GOT、GPTの低下がみられる患者さんも多くいらっしゃいます。また、駆除する確実な方法のない肝炎ウィルスに関しても、プラセンタエキスで症状を抑えながら共存し、通常の生活を送っておられる方も多く見られます。

サプリメントや化粧品に関しては、医学的な臨床例は多くはありませんが、プラセンタエキスは、医療用(注射・・ヒト)一般用(豚・馬)の違いこそあれ、成分構成は大部分が似通っています。よって、摂取することで体内バランスの正常化、化粧品では角質層のトラブル改善などが期待できます。

人間の体に本来そなわる、自然治癒能力を引き出すのがプラセンタエキスの活性力。基礎体力が向上すれば、現在の不調はもちろん、将来のトラブルを未然に防ぐ力もアップします。

ページの先頭へ

Q6:プラセンタエキスのサプリを飲んだけど、変化がありません

A6:個人差があるので焦りは禁物。

どんなサプリメントにも共通して言えますが、変化が出るスピードには、かなりの個人差があります。

特にプラセンタエキスの場合、ゆっくりと体質を改善して不調にはたらきかけるものなので、急激な変化が感じられることは少ないかもしれません。

もちろん、中には早期に変化が出る方もおられますが、できれば最低でも3カ月から半年は続けて、様子を見ていただきたいと思います。

ちなみに、早く結果を出したいと焦って、一度にたくさんの量を摂取しても、効果は量に比例するわけではありません。所定の容量を守って、気長に続けていきましょう。

ページの先頭へ

Q7:更年期障害の治療にも、プラセンタエキスは有効?

A7:治療薬として処方されています。

私の専門は婦人科ですので、更年期障害の患者さんが多く来院されます。

更年期症状は人によって「のぼせ」「めまい」「腰痛」など様々。中には精神が不安定になり「更年期うつ」になってしまう方もおられます。

これらの症状は閉経期における女性ホルモンのバランスの乱れが主な原因ですが、プラセンタエキスを摂取することでバランスが調整され、症状が軽減するケースが多くあります。

治療法としては、医療機関では注射と錠剤の処方を行います。症状の軽い方なら、市販のサプリメントでも十分に有効な場合がありますので、試してみられるのも良いでしょう。ただし、既往症や持病のある方は必ず医師に相談し、服用するようにしてください。

ページの先頭へ

Q8:年のせいか、あちこち悪くなってきました…

A8:代謝と体力の向上で若々しく!

老化を止めることは誰にもできませんが、老化にともなう様々なトラブルを、プラセンタエキスで緩和することは可能です。

加齢により細胞の生まれ変わり(代謝)が停滞すると、内臓や筋肉が弱ります。また、皮膚のシミやシワ、男性では頭髪の脱毛が目立つようになり、容姿にも影響が出ます。

これらの老化に対し、プラセンタエキスは代謝を向上させることで、体に若々しいエネルギーを呼び戻します。

その結果、疲れにくくなったり、皮膚にうるおいが感じられたり、脱毛が減るなど、様々な変化があらわれますが、この変化にも個人差があり、「美容目的で飲んだらヒザの関節痛まで治ってしまった」など、思いがけないおまけがついてくることも。

人生80年の時代。老年期をすこやかに楽しむためにも、規則正しい生活、栄養バランスの良い食事、適度な運動はもちろん、上手にプラセンタエキスを取りいれることも、老化防止のためには賢い選択と言えるでしょう。

ページの先頭へ

Q9:夏の日焼けで濃くなったシミにプラセンタエキスは効果的?

A9:代謝を促し、色素を排出します。

中高年になるとシミに悩む方が増えますが、実はそのシミは長年の間に蓄積された紫外線ダメージです。

人間は18歳までに一生の約半分の紫外線を浴びると言われています。そしてそれ以後も、日常生活で紫外線を浴び続けます。

例えば買物や洗濯のとき、「ほんの10分」と油断しているうち、お肌には貯金のようにダメージがたまり、いつの日かあふれ出てシミになるわけです。

プラセンタエキスは、厚生労働省が認可した医薬品ですが、美白成分のひとつでもあります。特にサプリメントや注射は、成分が血流に乗って全身にいきわたり、代謝を促すことで、蓄積したメラニン色素を排出するので、色素の悩みには有効な成分だと言えるでしょう。

ただし、何より大切なことは日焼けをしないこと。紫外線はシミの原因になるだけでなく、皮膚がんのリスクも高めてしまうので、注意が必要です。

ページの先頭へ

Q10:寒くなると肩こりがひどい…どうにかなりませんか?

A10:まずは「冷え」を改善しましょう。

肩や首のこりは、血行不良が原因で起こります。寒くなるとひどくなるのは、体の冷えにより血行が妨げられてしまうからです。

マッサージや温湿布をして血行を促す方が多いでしょうが、それはあくまでも一時しのぎ。根本から解消するには、冷えを改善する必要があります。

プラセンタエキスには自律神経のバランスを整え、血のめぐりを良くして体温を正常に調節するはたらきがあります。

体温が正常になり、冷えが解消されると、肩こりだけではなく様々な症状が改善されます。例えば、しもやけ、むくみ、腰痛、頭痛、いらいら、眼精疲労、便秘、下痢など…。実はこれらは、冷えが原因であることが多いためです。

冷えは軽く考えられがちですが、様々な不調につながります。慢性的に冷えを感じる方は、プラセンタエキスで血行の改善をおすすめします。

ページの先頭へ

Q11:生理不順と月経困難症です。辛くて会社にも行けません。

A11:とにかく体を冷やさないこと。

月経が不規則に起こる「月経不順」や、日常生活に支障をきたすほどの激しい月経痛に悩まされる「月経困難症」は、病気が潜んでいる可能性もありますので、まずは婦人科を受診することが前提ですが、これらは肩こりと同じで、冷えによる血行不良が原因の多くを占めます。

近年の女性は低体温の方が多く、中には平均体温が36度を切る方もおられます。しかし人間の体は最低でも36.4度以上、理想的には36.7度くらいはあるほうが、健康を保ちやすくできています。

現代はエアコンで夏でも涼しい生活ですが、それは自律神経のバランスを乱し、冷えを悪化させることにもつながります。特に体が冷えやすい女性は、月経トラブルを起こしがちですので、屋内外の気温差は5度以内にとどめ、エアコンの効いた室内ではひざかけなどで温かくして、冷え対策をするようにしましょう。

さらに、プラセンタエキスで血行をうながし、冷えを解消することで症状の軽減が期待できます。

ページの先頭へ

Q12:プラセンタエキスを飲むと献血できないって本当ですか?

A12:献血できないのは注射だけです。

献血するときの制限事項として、「ヒト由来プラセンタ注射薬を使用した方の献血を制限する」という項目があります。

これは、血液で感染する「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(VCJD)」に関して、輸血による感染のリスクを完全に排除できないためで、胎盤は臓器であるため輸血と同様に見なされ、制限を受けました。

とは言っても、プラセンタエキスの注射で感染があった事例はなく、平成17年に海外滞在歴のあった方の感染が国内で確認されたため、念のための措置としての制限となりました。

また、制限されているのはヒト胎盤由来の注射剤(ラエンネックまたはメルスモン)のみで、健康食品のプラセンタエキスは制限されていませんので、サプリメントを飲んでいる方でも献血は可能です。

Q13:体温が35度台しかありません。代謝の活発な体になりたいです

A13:36度以下の方は要注意です!

近ごろ、低体温でお悩みの方が増えています。あまり自覚症状がないせいか、軽く考えておられる方も多いようですが、36度以下は危険の一歩手前です。
 体温が1度下がると代謝が約12%低下すると言われ、免疫力も弱くなるので、風邪をひきやすくウィルスへの感染率も高まります。

 

これを防ぐには、運動が効果的。筋肉量が増えるとエネルギー代謝が高まり、体温が上昇します。男性が女性に比べて体温が高いのは、筋肉量が多いためです。反対に脂肪は、断熱効果はあっても一度冷えたらなかなか温まらないので、脂肪の多い女性は冷え性に悩まされがちです。

 

もし日常的に低体温が続くようなら、定期的な運動に加えて、プラセンタエキスの服用をおすすめします。プラセンタエキスは血管を開くはたらきがあるので、血流がスムーズになり体が温まりやすくなります。気長に続けて、代謝のいい体をめざしましょう。

Q14:月経の間隔が狂いがちです。そろそろ更年期でしょうか?

A14:ホルモンバランスの乱れに注意を

月経がまる一年ない状態を「閉経」といい、その前後各5年間が更年期にあたります。この時期は急激に女性ホルモンの分泌量が下がるため、体のバランスが狂って様々な症状に悩まされる方が多くなります。

 

婦人科では、更年期障害の治療のひとつとして、プラセンタエキスの注射が行われます。これは、プラセンタエキスがホルモンバランスの乱れを整え、様々な症状を緩和する作用があるからです。市販のサプリメントでも、効果は期待できますので、試してみる価値はあるでしょう。

 

ちなみに日本女性の場合、平均50〜51歳で閉経を迎えますが、閉経前は月経周期が乱れたり、経血量も増減するなど、人により様々な変化が現れます。ただし、だらだらと褐色の不正出血が続くようなら、この年代から増える子宮体がんの疑いもありますので、すぐに婦人科へ。乳がんも多くなる年代ですので、年に一回の検診は欠かさないようにしましょう。

Q15:50代半ばになった夫が、近ごろ元気がありません…

A15:男性にも、更年期があります

女性に更年期があるように、男性にも更年期があります。女性のように閉経によるハッキリとした境はないものの、男性ホルモンが加齢により減少することで、若い頃にはなかった体の変化が現れます。

 

例えば体力の低下や、ED(勃起不全)、抑うつ感など。単純に「老化」で片づけられがちなこれらの症状は、実は男性ホルモンの減少が原因である事が少なくないのです。

 

これらの症状には、女性の更年期と同様、プラセンタエキスが効果的です。ホルモンバランスを整え、体を活発にすることで、体が本来持っている機能が向上し、壮健な状態に戻していきます。

 

特に男性の場合は、お酒やタバコ、仕事のストレスが原因で、ホルモン量が急激に減る方がおられます。もしそのような場合は、生活習慣の見直しをはかるとともに、プラセンタエキスのサプリメントを試してみるのもよいでしょう。

Q16:冬になると肌がかゆくなる。エアコンのせいでしょうか?

A16:暖房と加湿器を併用しましょう

冬から春にかけては一年で最も空気が乾燥する時期で、エアコンを使用するとさらに湿度が低下するため、皮膚が乾燥してかゆくなる方が多くなります。

 

また、冬は皮脂の分泌量が減って皮膚のバリア機能が弱まり、刺激を感じやすくなります。ひどくなると「皮脂欠乏性湿疹」などの疾患になることも。

特に中高年以降は汗、皮脂ともに分泌量が減るため、化粧品でのうるおい補給に加え、体の内側から代謝を活発にする必要があります。

 

プラセンタエキスは、汗や皮脂の分泌量を正常に保ち、皮膚を健康に保持する力を高めます。気長に飲み続けることで、ゆっくりと体の中から代謝を上げていきますので、乾燥肌の方にはおすすめしたいサプリメントです。

 

なお、エアコン使用時は必ず加湿器を併用するようにしましょう。皮膚の健康だけでなく、のどや鼻の粘膜を守り、風邪の予防にも効果があります。

Q17:現在、病気で通院していますが、プラセンタエキスは飲めますか?

A17:病気治療中の方や妊娠中の方は、必ず担当医に相談してください

ご質問されているのは、市販のサプリメントの事だと思いますが、基本的にサプリメントは医薬品ではなく、食品に分類されます。そのため、飲み方に関しては、食事の延長と考えていただくと良いでしょう。ただし、病気の治療をされている場合は、ドクターに相談される事をおすすめします。

 

どんな食べ物でも過剰に摂取すれば、不調の原因になる可能性があります。また、普段から続けておられるサプリメントが、体調によっては突然合わなくなる方もおられます。

 

特に病気の治療中であれば、食品に対して体が過敏になるなど、不測の事態が考えられますので、素人判断は禁物です。また、病気でなくとも妊娠中や授乳中などの方も、サプリメント摂取の前には必ず担当医に全成分表示を確認してもらい、判断を仰ぐようにしてください。

Q18:髪のボリュームやコシがなくなり、抜け毛も増えて悩んでいます

A18:ストレスなどが原因の血行不良による毛根の栄養不足が影響します

男性型の抜け毛とは少し違いますが、女性でも抜け毛に悩む方は、けっこう多くいらっしゃいます。

 

若い年代で多いのが、出産後の抜け毛。これは分娩で急激にホルモン量が変化することにより起こるもので、一時的なものです。ところが40代を過ぎてホルモン量が次第に減少してくると、今度は老化による薄毛や抜け毛に悩まされる方が増えてきます。

 

毛根へは血流によって栄養が運ばれますので、加齢やストレスで血流が滞ると、発毛のための栄養が十分に行きわたらず、ボリュームやコシが失われてしまいます。

 

プラセンタエキスは血行を穏やかに改善することで、全身に栄養が届きやすい状態に導きます。血行が改善されると、髪はもちろんお肌や体力にも好影響が期待できますので、ぜひお試しになってみてはいかがでしょう。

Q19:注射に使うプラセンタエキスと市販のサプリメントは同じ成分?

A19:注射はヒト由来、サプリメントは、豚由来と馬由来があります

病院で注射に使用するプラセンタエキスは、ヒト由来です。一方、日本で市販されているサプリメントは、豚由来と馬由来。よく「どちらがいいですか」と聞かれる方がおられますが、その方の状態や生活パターンによって、一概にこれがいいとは決められません。

 

例えば注射はサプリメントに比べて即効性が期待できますが、頻繁に通院できない方もおられます。その場合はサプリメントを処方する事もありますし、併用するケースもあります。

 

また、美肌や基礎体力アップが目的でお飲みになるなら、ご自宅で継続的に続けられるサプリメントの方が、無理なく取り入れやすいでしょう。
 特に年齢が高くなるほど、効果を実感できるまでに時間がかかる傾向がありますので、ご自身が最も「長く続けられる」方法をお選びになることも大切なポイントです。

Q20:プラセンタエキスのサプリメントは、日焼けや肌荒れの後に飲むの?

A20:日頃からの継続的な摂取が、最も賢いサプリメントの飲み方

プラセンタエキスに限らず、お肌にトラブルが起きた時にあわててサプリメントを飲み始める方がおられます。もちろん、飲まないよりも飲んだ方がよいのですが、本当は普段から継続して摂取し、お肌の基礎力を高めておく「予防」が、サプリメントの最も賢い飲み方です。

 

プラセンタエキスは、薬品のように、飲んだそばから変化が起こるものではありません。ゆっくりと体内バランスを整え、お肌に活力を与えることで、日焼けのダメージをすみやかに回復したり、トラブルが起こりにくい健康なお肌に導くものです。

 

そのため、美容効果を期待するなら、転ばぬ先の杖として準備しておくことが肝心。今の季節なら、今年の冬の乾燥対策や冷え予防としてスタートするくらいで、ちょうど良いのではないでしょうか。

Q21:アレルギー体質なのですが、プラセンタエキスは飲めますか?

A21:自身のアレルゲンが何なのか、まず確認することが必要です

アレルギー体質というのは、全ての成分に反応するのではなく、特定の抗原(アレルゲン)に対して抗体がはたらき、アレルギー反応を起こしてしまう体質のことをいいます。

 

そのため、プラセンタエキスの原料にアレルギーを持つ方は、サプリメントなどの摂取ができません。プラセンタエキスの原料には豚や馬などがありますが、まずはそれに対するアレルギーの有無を確認される事が必要になります。

なお、アレルギーは少しずつ症状が表れるのではなく、知らないうちに体の中に抗体が蓄積され、臨界点に達して突然発症します。現在アレルギーがない方でも、もし何か特定の成分を摂取したり、化粧品として使用した際、体調やお肌に異変が見られた場合は、すみやかに医師にご相談ください。

Q22:プラセンタエキスを飲み続けると、体に蓄積して悪影響はないですか?

A22:サプリメントはあくまでも食品。野菜やお肉と同じと考えてください

市販のサプリメントは薬に似た形状をしているものが多いため、つい薬品と混同して考える方が多いですが、あくまでも「食品」であり、毎日こつこつと摂取することで、その食品が持つ栄養素からの様々な効能が期待できるものです。

ただし、摂取量に関しては、一般の食物を食べ過ぎるとお腹をこわすように、サプリメントも飲み過ぎると体調不良の原因になりうる、と考えてください。

ちなみに、プラセンタエキスは原料がたんぱく質などで、肉類と同様に消化吸収され、体内に蓄積されるものではありません。パッケージに表示された摂取量を目安に、気長に続けてください。

ただしサプリメントの中でも、ビタミンAやビタミンDなど脂溶性のビタミンは、過剰に摂取すると健康を損なう可能性がありますので、医師の指導のもとでお飲みください。

Q23:更年期のイライラや落ち込みに、プラセンタエキスは効果あり?

A23:原因はホルモンバランスの崩れ。まずは試してみる価値あり

閉経の前後はホルモンバランスが崩れ、「のぼせる」「朝起きられない」など、様々な症状が体に表れます。これらを総じて更年期症状と呼びますが、体調不良だけでなく、精神的な症状を訴える方も少なくありません。

ご相談の「イライラ」や「落ち込み」もよく見られる症状で、中には「更年期うつ」を発症し、日常生活に支障が出る方もおられます。もちろんこれらの症状は、更年期を過ぎれば元に戻るものではありますが、症状が長い期間続くこともあるので、近年では婦人科で積極的に治療を受けられる方が増えてきました。

プラセンタエキスも、ホルモンバランスを整える効果から、更年期障害の治療に使用されています。市販のサプリメントも、ホルモンバランスや体調の改善が期待できますので、まずは試してみる価値があるでしょう。

Q24:プラセンタエキスを飲んだら、お腹の調子が悪くなりましたが…

A24:稀に体質に合わない場合もあり、医師の診断を仰いでください

プラセンタエキスに限らず、サプリメントを飲んで「具合が悪くなった」と仰る方がおられます。

稀に、サプリメントの成分が体質に合わない方や、カプセルの原料であるゼラチン、その他の添加物に反応する方もおられます。また、偶然に体調不良と重なったという場合もあり、サプリメントと体調の変化に因果関係があるかどうかは、一般の方には判断がつかないと思われます。

 

プラセンタエキスは刺激性の成分ではありませんし、長年の実績の中で特に消化不良の報告があったという例も聞きませんが、もし摂取後に体調に何らかの異常を感じた場合は、念のために全成分の記載されたものを持って、医師の診察を受けるようにしてください。

ちなみに、全成分表示は容器ではなく箱に記載されている場合もありますので、その場合は飲み終わるまで箱を捨てずに取っておかれると良いでしょう。

Q25:どうして女性にばかり冷え性が多いのでしょうか?

A25:男女では筋肉量が違うので、熱の産生量も違ってきます

厳密にいえば男性でも冷え性の方はおられますが、圧倒的に女性の方が冷えを訴える方が多いです。
 理由は、女性は男性より筋肉量が少ないため。筋肉は熱エネルギーの産生量が多く、男性は女性より平均体温が高い傾向にあります。逆に女性が男性より多く蓄えている脂肪は、いったん冷えると温まりにくいため、女性は気温の低下により冷えを感じやすいのです。

この女性独特の冷えを改善するには、適度な運動で筋肉量を増やすとともに、衣服でしっかり保温することが大切です。ファッションで冬に薄着をする方がおられますが、冷えを招きますので控えましょう。また、血流を促すプラセンタエキスのサプリメントを摂取することも、体温を保つためには効果的。冷え性の方は試してみる価値があるでしょう。

Q26:冷え性って、病気なのでしょうか、どんな治療方法があるのですか?

A26:漢方、プラセンタエキスなど、血行促進や代謝アップが基本

「冷えは体質だから治らないのでは?」「どんな病院に行けばいいの?」と、診療をお迷いの方も多いようですが、東洋医学では冷えは万病の元。冷えを改善することで、冷えから引き起こされる頭痛や肩こりなど様々な身体症状や病気の予防にもなります。

治療としては、血行促進や代謝アップがメインになります。お近くで漢方やプラセンタエキスによる治療を行っている病院があれば、相談してみてはいかがでしょう。体を活発にして内側から熱を生み出す力を得ることで、免疫力が向上し、風邪をひきにくくなったり、冷えによる不定愁訴が軽快したりする方も多くおられます。

なお、代謝は加齢とともに落ちますので、特に冷え性でない方も油断せず、活発な体作りを心掛けてください。

Q27:冷えの原因は血行不良といいますが、血管に血が流れなくなるのですか?

A27:寒さで血管が縮こまることで末端の血行が滞る状態をいいます

血管は冷えると収縮し、血液の流れる量が少なくなってしまいます。特に毛細血管は非常に細いので、十分な血液が行き届かなくなり、手足の先が凍えてしまいます。これがしもやけやあかぎれの原因にもなってしまうのです。

血行不良は体の表面だけでなく、内臓の冷えにも影響し、様々な病気の原因になるので要注意。体をすこやかに維持するためには、適温の血液がスムーズに流れている事がとても重要なのです。

私のクリニックでは血行不良だけでなく、更年期の不調や生理痛などの治療にもプラセンタエキスを用いていますが、これはプラセンタエキスが血行を促し、体を活性化することで、正常な体内バランスを保つはたらきがあるからです。毎冬冷えに悩まされる方は、普段からサプリメントを摂取して、血行改善をめざしてみてはいかがでしょう。

Q28:普段の生活の中で冷えを防ぐ心がけがあれば教えてください

A28:よく動くこと、体を冷やさないこと、室温と外気温の差を少なくすること

まずは寒さを我慢せず、衣服で保温すること。特に「首」「手首」「足首」と、“首”と名のつく部分は冷やさないようにしましょう。

ただし暖房の使いすぎには注意。外気温との差を少なくし、体の体温調節機能を狂わせないようにする事が肝心です。また、無理なダイエットや運動不足も冷えの原因につながります。血行を促す生姜やねぎ、プラセンタエキスのサプリメントなどを上手に取り入れたり、まめに動いて家事をする、腕を振ってしっかり歩くなど、日常生活の中で適度な運動を心がけることで、エネルギー代謝の良い体を目指しましょう。

なお、秋冬だけでなく夏にも冷えは起こります。冷房のかけすぎで自律神経が乱れたり、冷たい飲み物で内臓が冷えたりする方が多いので、なるべく冷房に依存せず、常温以上の飲み物を飲む、シャワー浴でなく湯船につかるなど、体を冷やさない工夫が大切です。

Q29:花粉症やアレルギー症状を、プラセンタエキスで緩和できる?

A29:免疫バランスを整えることで、症状が軽くなることがあります。

この時期、私のクリニックにも多くの花粉症の患者さんが来院されます。花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などは「体質なので、治らない」とあきらめている方もおられるでしょう。しかし、アレルゲンに対する免疫反応の暴走を軽減することは可能です。

プラセンタエキスは、免疫バランスを整えるはたらきがあるため、予防として飲み続けることで、様々なアレルギー症状の緩和が期待できます。花粉症に関しても、普段から摂取して体内バランスを整えておくことをおすすめします。

近年は環境の変化で、大人でもアレルギーを発症する方が増えて来ました。まずはアレルゲンを避けることはもちろんですが、サプリメントをうまく取り入れ、通常と変わらない生活を送っておられる方も少なくありません。辛い症状を我慢している方は、お試しになる価値はあるでしょう。

Q30:一年中、風邪ばかりひきます。どうしたら体力が上がりますか?

A30:冷え性や低体温は万病の元です。お腹が冷たい人は要注意!

風邪を引きやすい方を診察すると、たいてい冷え性だったり低体温だったりすることが多いです。このページでもたびたび「冷え」が引き起こす不調を取り上げてきましたが、人間の体は体温が下がると、免疫細胞の活動が低下してウイルスや細菌などに感染しやすくなります。

体温が上がると、免疫細胞もよくはたらいて免疫力がアップします。風邪で高熱が出るのはそのためです。もし自分が低体温かどうか判断できない場合は、寝起きに布団の中でお腹とわきの下を触ってみてください。お腹がわきの下より冷たく感じたら、内臓が冷えている証拠です。

そういう方は風邪だけでなくあらゆる病気のリスクが高まります。よく歩く、家事をしっかりやるなど、日常生活の運動量を増やすことに加え、プラセンタエキスで血流を活発にして、体温アップに努めましょう。

Q31:更年期でしょうか、体が辛い…。姉は全く症状がなかったのに

A31:症状の出方は人それぞれ違います。環境や性格にも左右されます

「更年期」とは、平均閉経年齢である50歳の前後5年間、計約10年間をいいます。この時期は女性ホルモンや自律神経のバランスが崩れることで起こる、様々な症状にお悩みの方も多くいらっしゃいます。

症状がひどい場合は日常生活にも差し支えるようなケースもありますが、逆に全く症状を感じない方もおられます。これは、生理痛に個人差があるのと同じで、姉妹や親子でも症状は異なります。

ただし、これらは環境や生活習慣にも大きく左右されますし、性格によって受け止め方が違ってきます。例えば規則正しい生活をして、楽観的で活発な人は、比較的症状が軽い方が多いようです。まずは食事や睡眠を見直し、軽い運動を続けることと、趣味を持ち明るく過ごすこと。血行を促し体を活性化するプラセンタエキスも、この時期の健康維持には良いサポートとなるでしょう。

Q32:プラセンタエキスを飲んでると、生理がいつまでも終わらない?

A32:閉経の時期は変わりませんが、辛い症状をやわらげてくれます

私のクリニックでは、更年期障害の治療にプラセンタエキスを使用していますが、これは女性ホルモンや自律神経のバランスを整えることで、症状をやわらげるためです。

閉経の平均年齢は約50歳とされていますが、実際には人によって幅があり、中には40代前半で閉経してしまう方もおられますし、還暦近くまで閉経しない方もおられます。

ただ、閉経の時期に個人差はあってもホルモン量が急激に減少するのは皆同じですので、大なり小なりの更年期症状はあります。プラセンタエキスはホルモンバランスを整えるはたらきで、デリケートになりがちな時期の女性の体をサポートし、すこやかな閉経に導いてくれるお手伝いをします。毎日を元気に過ごしたい方は、ぜひ試してみてください。


ページの先頭へ

銀座クレフのトップページへ

<商品購入に関するお願い>
近年、弊社銀座クレフ化粧品の商品がオークションなどにより販売されている事例がございます。しかし、弊社の商品はオフィシャルホームページ、又はお電話等の直接お申し込み以外での販売は行っておりません。オークション上で転売されている商品の購入ルートは、正規の流通ルートではなく保管状態や製造時期についての状況がわかりかねます。万が一、トラブルが生じたといたしましても、弊社では責任を負いかねますので、ご購入をお控えいただく事をお勧めいたします。
※オークションでご購入された商品に関するご相談はお受けできない場合があります。また、それらの商品の返品・交換はお受けできません事をご了承ください。