「キレイ」をアナタへお届けします。銀座クレフ化粧品のオンラインショッピング。
ようこそ、ゲスト 様
買い物かごを見る
商品数0個 合計0円
  • 買い物かごを見る
  • ログインはこちらから
  • クラブクレフ会員さまへ
  • クラブクレフ登録
  • 初めての方へ
  • キャンペーン情報
Series
  • DIAD'OR Enseul
  • RICETEM
  • BLANESSE
  • a vie la vie
  • SPECIAL CARE
  • SUPPLEMENT
  • ORIGINAL GOODS
SkinCare Categories
  • モンドセレクション受賞
  • お客様の声
  • きれいのヒント集
  • 専門医に聞くプラセンタエキスの話
  • Fan to Share
  • 動物実験について

GINZA CLEF » きれいのヒント集 » スキンケア&ファッション » シューフィッターに聞く靴選び 

スキンケア&ファッション:シューフィッターに聞く靴選び 

クレール2015年Vol.37掲載

シューフィッターに聞く靴選び 上手な靴の選び方と中敷の調整方法

クレール37号掲載「40代からの女塾」より
「シューフィッターに聞く靴選び」についてご紹介します。

講師 俣野 好弘さん
「足と靴と健康協議会」主任研究員。日本シューフィッターの草分けとして、1万人以上の靴をフィッティング。現在は後進の育成と靴業界の躍進に尽力しておられます。
俣野 好弘さん

longline

まずは自分の足型を知りましょう

俣野さんいわく、靴屋に行く前に、自分の足の形を把握しておくことが上手な靴選びのポイントだそうです。
「日本人の足の形はエジプト型が多く、年配の方だと平行型が目立ちますが、最近の若い方は欧米人に近いギリシャ型が増えています。靴のフィッティングについては、細くて甲が薄い西洋人の足とは全く違います」(右図参照)
自分の足型を把握したら、次はサイズ。数字にこだわらず、履いた感じで決めるのが正しい選択法です。
「自分は○センチと決めつけず、まずは足を入れてみて下さい。10人のうち2~3人は左右のサイズがかなり違いますので、必ず大きい方に合わせて購入を」

かかとをぴったりフィットさせ実際に歩いて確かめましょう

試し履きで重要なのは、かかとをぴったり合わせること。トントンとかかとを地面に当てると、ピタッとフィットします。(写真)
次に、指の付け根の親指側(写真)がしっかり合っているかをチェック。
「歩くとこの部分に負荷がかかりますので、きつくても緩くてもいけません。また、履くだけではなく、必ず歩いて感触を確かめてください」
ここまでがお店でのチェックポイント。さらにぴったり靴を合わせるためには、パッドや中敷きでの微調整が欠かせません。

土踏まずのすき間をチェック

特にパンプスなど甲の浅い靴は、土踏まずのすき間にパッドを入れることで、足の裏全体で体重を支えることができ、前すべりせず快適に歩けます。
「内側には厚め、外側には薄めのパッドを貼ると、バランスが良いでしょう。両面テープで仮止めして、ピタッと合う場所を探してみてください」
見た目の気になる方は、靴屋や修理店で頼むと、敷革の下に入れてくれます。

痛みのある方は中足骨パッドを

ヒールのある靴で起こりやすい、中足骨(指付け根の中央下)の痛み。皮膚の硬化(底マメ)でお悩みの方も多いのではないでしょうか。この痛みを解消するにも、パッドが効果的です。
「図(右下)のように線を引き、その線より下にパッドを置いてください。痛い箇所の真下に置いている方が多いですが、それは間違いです」
これだけで、パンプスの歩行が格段に快適にるそう。また、合皮ではなく本革素材、ヒールの高さが3~4cmの靴を選ぶことも、痛みを起こさないポイントです。
「なるべく普段は5本指ソックスや下駄を履いて、指を運動させることも足の健康には大切な条件。もし悩みがあれば、お近くのシューフィッターに相談してみてください」

ページの先頭へ

銀座クレフのトップページへ

<商品購入に関するお願い>
近年、弊社銀座クレフ化粧品の商品がオークションなどにより販売されている事例がございます。しかし、弊社の商品はオフィシャルホームページ、又はお電話等の直接お申し込み以外での販売は行っておりません。オークション上で転売されている商品の購入ルートは、正規の流通ルートではなく保管状態や製造時期についての状況がわかりかねます。万が一、トラブルが生じたといたしましても、弊社では責任を負いかねますので、ご購入をお控えいただく事をお勧めいたします。
※オークションでご購入された商品に関するご相談はお受けできない場合があります。また、それらの商品の返品・交換はお受けできません事をご了承ください。