「キレイ」をアナタへお届けします。銀座クレフ化粧品のオンラインショッピング。
ようこそ、ゲスト 様
  • クラブクレフ登録
  • 初めての方へ
  • キャンペーン情報
買い物かごを見る
商品数0個 合計0円
  • 買い物かごを見る
  • ログインはこちらから
  • クラブクレフ会員さまへ
Series
  • DIAD'OR Enseul
  • RICETEM
  • BLANESSE
  • a vie la vie
  • SPECIAL CARE
  • SUPPLEMENT
  • ORIGINAL GOODS
SkinCare Categories
  • モンドセレクション受賞
  • お客様の声
  • きれいのヒント集
  • 専門医に聞くプラセンタエキスの話
  • Fan to Share
  • 動物実験について

GINZA CLEF » きれいのヒント集 » スキンケア&ファッション » 自宅で白髪を染める時のコツ

スキンケア&ファッション:自宅で白髪を染める時のコツ

その24:クレール2013年Vol.29掲載

自宅で白髪を染める時のコツ

クレール29号掲載「40代からの女塾」より
「自宅で白髪を染める時のコツ」をご紹介します。

講師 新井 久美さん
ヘア&メイク「GLASS HOUSE」オーナー。ヘアスタイリストとして30年以上のキャリアを持ち、ブライダルの分野でも活躍中。きれいなスタイルを長持ちさせるホームケアのアドバイスも、お客さまに大好評。
新井 久美さん

longline

毛染めの前に、注意するべき事

 自宅で毛染めをするとき、多い失敗は「髪の傷み」「色ムラ」そして何と「薬剤の間違い」なのだとか。
 「おしゃれ染めは基本的に脱色、白髪染めは染色するものです。種類を間違えないよう、確認してくださいね」
 不明な場合は、必ずお店の方に確かめてから購入するようにしましょう。

クリームタイプがおすすめ ハケを使って塗ります

薬剤はハケが付属したものを購入しましょう。色は5番が日本人の平均に近く、番号が大きいほど明るくなります。

 今回は根元の伸びた部分(新生毛)だけを染める「レタッチ」を習います。
 「全体染めの場合、プロは部分によって薬剤や放置時間を調整します。これはかなり高度な技術なので、ご自宅では根元だけが無難だと思います」
 と、新井さん。確かに後頭部や毛先は難しそう。全体を染めるときは、ヘアサロンでお願いしましょう。
 薬剤はクリームタイプがおすすめ。液だれしにくく、混色が可能。必要な量だけ使用して、残りは保存できます。塗る時は容器に出してハケで塗ります。

毛染め前のシャンプーは不要。ただしマスカラタイプやスプレーの白髪かくしで髪を覆っている場合は、洗って乾かしてください。

 「容器から直接塗るタイプの商品もありますが、部分染めではムラになりやすいので、液状やジェル状の薬剤も、容器に出してハケで塗ってください」
 塗る前には肩にケープをかけ、顔の輪郭をクリームでガードします。髪は前と後ろを大まかに分け(図)、最も白髪が目立つ分け目部分から塗っていきます。

髪を1㎝幅でめくりながら表と裏からハケで塗ります

1:1mmあける/2:1cmあける

 ハケに薬剤を取り、分け目に沿って皮膚から1㎜あけ、白髪の部分のみ塗ります。(図1)次に、塗り終わった分け目から1㎝横に新しく分け目を作り、薬剤のついた髪をめくって(図2)、裏側(a)と新しい分け目横(b)を、先ほどと同じ要領で塗ります。
 これを繰り返し、輪郭周りが終わったら、次は後頭部を頭頂部から下に向かって、水平に分け目をずらしながら、塗っていきます。

コーム使いや時間前チェックなどプロの小技で完璧な仕上がりに

 全部終わったらコーム(くし)で、塗った方向と直角の方向にとかして、塗りムラをなくします。その後、ラップで頭を巻いて放置します。
 所定放置時間の5分前になったら、一部をティッシュでふきとり、染まり具合をチェック。きちんと染まっていたら、根元にだけつけた薬剤を毛先に向かって、くしでのばして境目をぼかします。後は、時間が来たら洗い流します。
 下が染め上がり。根元から均一に、色ムラなく繋がっているのがわかります。もちろん毛先のパサつきもありません。

Before/After

半年放置した白髪が、きれいに染まりました。毛先に薬剤をつけないので、髪の傷みも軽減します。

ページの先頭へ

銀座クレフのトップページへ

<商品購入に関するお願い>
近年、弊社銀座クレフ化粧品の商品がオークションなどにより販売されている事例がございます。しかし、弊社の商品はオフィシャルホームページ、又はお電話等の直接お申し込み以外での販売は行っておりません。オークション上で転売されている商品の購入ルートは、正規の流通ルートではなく保管状態や製造時期についての状況がわかりかねます。万が一、トラブルが生じたといたしましても、弊社では責任を負いかねますので、ご購入をお控えいただく事をお勧めいたします。
※オークションでご購入された商品に関するご相談はお受けできない場合があります。また、それらの商品の返品・交換はお受けできません事をご了承ください。