「キレイ」をアナタへお届けします。銀座クレフ化粧品のオンラインショッピング。
ようこそ、ゲスト 様
  • クラブクレフ登録
  • 初めての方へ
  • キャンペーン情報
買い物かごを見る
商品数0個 合計0円
  • 買い物かごを見る
  • ログインはこちらから
  • クラブクレフ会員さまへ
Series
  • DIAD'OR Enseul
  • RICETEM
  • BLANESSE
  • a vie la vie
  • SPECIAL CARE
  • SUPPLEMENT
  • ORIGINAL GOODS
SkinCare Categories
  • モンドセレクション受賞
  • お客様の声
  • きれいのヒント集
  • 専門医に聞くプラセンタエキスの話
  • Fan to Share
  • 動物実験について

GINZA CLEF » きれいのヒント集 » スキンケア » 理想の肌を作る

スキンケア:理想の肌を作る

その3:クレール2007年Vol.5掲載

メイクの完成度を決めるのは、きちんと手順を踏んだベース作り。どんなに流行のアイメイクやリップメイクに凝ってみても肌感が美しくなければ、手を抜いた印象に見られてしまいます。
 また、厚塗りやムラづきなど誤ったベースメイクによってかえって老けた表情を作ってしまっていることも…。
そんな落とし穴にはまらないための、上級メイクテクニックとは?

●step1:優秀な化粧下地なくして上質美肌は完成しない

メイクに入る前の化粧下地(メイクアップベース)を、面倒だからと省略している人は意外と多いもの。実は、この第1ステップの手抜きこそが、メイクの完成度を下げる原因なのです。化粧下地を省くと、肌のくすみや色ムラは補整されないまま。それを隠そうとするからファンデーションが厚くなります。さらに、毛穴にファンデーションが入り込むことで、欠点をますます目立たせる結果に。そうならないためにも、最初に化粧下地できちんと肌色コントロールし、表面の凸凹を均一化することが必要です。

ノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)・無鉱物油・無香料・無着色。肌に優しくメイクの仕上がりをアップさせる化粧下地。

「アヴィラヴィUVメイクアップベース」(SPF35・PA+++ 30g) 6,300円

化粧下地は肌の悩みをカバーするだけでなく、メイクのノリや持ちも良くしてくれる優秀アイテム。ヨレやテカリが抑えられ、何度も化粧直しする手間が省けますし、たっぷりのうるおいをキープする化粧下地を選べば、乾燥くずれの心配もいりません。また、冬場といえども紫外線は夏場の半分以下に減ることはなく、3月になれば晴天の日は真夏並みの量に。ダメージを防ぐには、UVカット効果のある化粧下地が一年中欠かせないのです。

●step2:リキッドは塗り方次第でキレイ度が格段にアップ

ファンデーションは、顔色だけでなく首の色と差の出ないカラーを選ぶのがポイント。首と色が違い過ぎると、お面をかぶったように不自然な仕上がりになります。ぴったりの色が見つからない場合は、ナチュラルな色と明るめの色をブレンドして、自分だけのカラーを作るのもおすすめ。季節によっても肌の色は変化するため、2色を揃えておくと便利です。

美容液レベルの保湿力なのに、軽い仕上がり。微粒子パウダーの輝きで、時間が経ってきれいな肌色をキープ。

「アヴィラヴィ リキッドファンデーション」全3色 30g 6,300円

リキッドファンデーションを塗る時は「顔の内側から外側へ向けて」が基本。顔の中心部が明るめに見え、フェイスラインへ向かって薄くなることで立体感が出ます。塗り始めは両頬から、パフでトントンと軽くたたくようにのばしましょう。次に額、鼻、アゴを同様にのばしたら、パフの角を使って小鼻、目もと、口もとなど細かい部分へなじませます。目や口のまわりは厚塗りすると小ジワが目立ちやすくなるので、できるだけ薄めを心がけて。

●step3:仕上がりと持ちを左右するパウダーこそ必須アイテム

仕上げのパウダー使いは、メイクの完成度を高めるとともに、メイクしたての美しい肌感を保つためにも重要。リキッドにパウダーを重ねることで透明感が生まれ、キメが整って洗練された印象になります。パール粒子入りのパウダーなら、光の反射によってシワを目立たなくする効果も大。また、ファンデーションのフィット感が高まるため、時間が経っても化粧くずれしにくく、テカリやくすみを気にせずに過ごせます。

皮脂や汗によるテカリをおさえ、肌にシフォンのようなベールをかけるフィニッシュパウダー。

「アヴィラヴィ ルーセントパウダー」パフ付 25g 6,300円

パウダーをつける際は、まずパフに適量を取り、軽くもみ込むようにして粒子を均一に含ませます。それから両頬の中央に軽くなじませ、すべらせるように顔全体にのばしましょう。Tゾーンはパフに残ったパウダーで押さえるようにします。なお、乾燥が気になる方は、パフよりもブラシの使用がおすすめ。パフに比べて皮脂を吸収しにくいため、肌のうるおい感を保ったまま、しっとりサラサラの仕上がりになります。

この3ステップを守ったベース作りをしておけば、外出先へはパウダーを携帯するだけでOK。暖房などで汗ばんだ場合でも、パウダーを軽く乗せれば、簡単に朝の状態へとリセットすることができます。

ページの先頭へ

銀座クレフのトップページへ

<商品購入に関するお願い>
近年、弊社銀座クレフ化粧品の商品がオークションなどにより販売されている事例がございます。しかし、弊社の商品はオフィシャルホームページ、又はお電話等の直接お申し込み以外での販売は行っておりません。オークション上で転売されている商品の購入ルートは、正規の流通ルートではなく保管状態や製造時期についての状況がわかりかねます。万が一、トラブルが生じたといたしましても、弊社では責任を負いかねますので、ご購入をお控えいただく事をお勧めいたします。
※オークションでご購入された商品に関するご相談はお受けできない場合があります。また、それらの商品の返品・交換はお受けできません事をご了承ください。