「キレイ」をアナタへお届けします。銀座クレフ化粧品のオンラインショッピング。
ようこそ、ゲスト 様
  • クラブクレフ登録
  • 初めての方へ
  • キャンペーン情報
買い物かごを見る
商品数0個 合計0円
  • 買い物かごを見る
  • ログインはこちらから
  • クラブクレフ会員さまへ
Series
  • DIAD'OR Enseul
  • RICETEM
  • BLANESSE
  • a vie la vie
  • SPECIAL CARE
  • SUPPLEMENT
  • ORIGINAL GOODS
SkinCare Categories
  • モンドセレクション受賞
  • お客様の声
  • きれいのヒント集
  • 専門医に聞くプラセンタエキスの話
  • Fan to Share
  • 動物実験について

GINZA CLEF » きれいのヒント集 » スキンケア » 春の肌荒れシーズン

スキンケア:春の肌荒れシーズン

その18:クレール2011年Vol.21掲載

待ちに待った春。おしゃれをしてどこかへ出かけたいですね。
でも、アレルギー体質や花粉症の人にとっては
春は肌荒れや体調不良との戦いの季節でもあります。

せっかくの素敵な季節が、肌荒れで台無しにならないよう
お肌にやさしい植物成分の低刺激性スキンケアで
すこやかでしっとり美しいお肌を守りましょう。

いまや「肌トラブル」は春の季語?低刺激性のケアでやさしくケアを

全国的に、アレルギー体質が増加傾向の日本。以前は小さな子供に多く見られましたが、最近は環境悪化の影響か、大人になってから発症する人も増えているそうです。(右グラフ参照)

特に春先は花粉症の人が激増するため、あちらこちらで肌トラブルに悩む声が聞かれます。しかし、体の中から原因が発生する肌荒れは、化粧品で治そうとすると、かえって悪化させてしまう事も多いため「何も使わずガマンするうち、今度は乾燥でカサカサに」…という最悪のケースになることもしばしば。

そんな時、頼りになるのが低刺激性のスキンケア。近年では保湿だけでなく、炎症やトラブルの沈静にはたらく植物成分が配合されたものも開発されています。かゆみや赤みをさらに増長させる「乾燥」と「炎症」の繰り返しを、おだやかに沈静していくこのようなスキンケアは、お肌の弱い方はもちろん、お子さまの肌トラブルや男性のカミソリ負けにも対応できますので、一家にひとつ備えておくと安心です。

アレルギーの原因には、色んな要素があります

この時期の肌トラブルで最も多いのが、アレルギー性皮膚炎。その原因には様々なものがありますが、根本的な発症メカニズムは同じです。

皮膚が特定の物質を「異物=外敵」と判断すると、細胞内ではその物質と戦うための準備が進められ、免疫機能の一つである「Tリンパ球(白血球の一種)」に伝達して記憶されます。そして再び(数時間から数日間の間に)同じ物質が侵入してくると「Tリンパ球」が敵とみなして攻撃をはじめ、その結果がかぶれや湿疹、赤みなどのアレルギー反応となって肌に現れます。これが「アレルギー性皮膚炎」のメカニズムです。

アレルギー性皮膚炎につきものの「強いかゆみ」。この原因は、真皮に存在する「マスト細胞」から、免疫機能の一つとして、かゆみ物質(ヒスタミン)が放出されるため。それを末梢神経がキャッチすると、脳に「かゆみ」として伝達されるのです。その時、同時に脳は皮膚の異物を取り除くように身体に指令を出すため、つい皮膚を掻きたくなります。アレルギーの人の肌があれるのは、この悪循環のせいなのです。

花粉症も、アレルギーの一種です

ちなみに、アトピーと同様にアレルギー反応の一種である「花粉症」も、肌にとっては重いストレスになるケースが多発しています。
日本で最初に花粉症が発見されたのは昭和36年。当時の花粉は「ブタクサ」で、「スギ花粉症」が発見されたのは、その2年後。以来どんどん患者は増え続け、今や日本人の約10%(1200万人)が症状を持っていると考えられています。しかも、この10%は発症している人だけの数字で、花粉症は大人になってから突然現れる事もよくありますから、潜在的な予備軍はまだまだ多いと思われています。

もしもトラブルが起きたら自己診断は禁物。かならず専門の医療機関を受診し、正しい治療を受けましょう。その際、薬が処方された場合は医師の指導に従いますが、化粧品でのスキンケアを行う場合は、なるべく刺激の少ないものを選びましょう。

ページの先頭へ

銀座クレフのトップページへ

<商品購入に関するお願い>
近年、弊社銀座クレフ化粧品の商品がオークションなどにより販売されている事例がございます。しかし、弊社の商品はオフィシャルホームページ、又はお電話等の直接お申し込み以外での販売は行っておりません。オークション上で転売されている商品の購入ルートは、正規の流通ルートではなく保管状態や製造時期についての状況がわかりかねます。万が一、トラブルが生じたといたしましても、弊社では責任を負いかねますので、ご購入をお控えいただく事をお勧めいたします。
※オークションでご購入された商品に関するご相談はお受けできない場合があります。また、それらの商品の返品・交換はお受けできません事をご了承ください。