「キレイ」をアナタへお届けします。銀座クレフ化粧品のオンラインショッピング。
ようこそ、ゲスト 様
  • クラブクレフ登録
  • 初めての方へ
  • キャンペーン情報
買い物かごを見る
商品数0個 合計0円
  • 買い物かごを見る
  • ログインはこちらから
  • クラブクレフ会員さまへ
Series
  • DIAD'OR Enseul
  • RICETEM
  • BLANESSE
  • a vie la vie
  • SPECIAL CARE
  • SUPPLEMENT
  • ORIGINAL GOODS
SkinCare Categories
  • モンドセレクション受賞
  • お客様の声
  • きれいのヒント集
  • 専門医に聞くプラセンタエキスの話
  • Fan to Share
  • 動物実験について

GINZA CLEF » きれいのヒント集 » スキンケア » 光老化に負けない夏!

スキンケア:光老化に負けない夏!

その12:クレール2009年Vol.14掲載

さあ、いよいよ紫外線の季節がやってきました!
今年こそ、恐ろしい「光老化」からお肌を守るため、クレフは、美容医療の専門家である村西先生に、夏のお肌の注意点について、お話を伺って来ました。

村西 美智子先生
皮膚科医。「むらにし皮フ科」院長。
一般皮膚科診療の他、女性の視点を生かした
「美容皮膚科」を、大阪市内の総合病院にて開設。
先進的なエイジングケアを提案している。
老化は避けて通れない道、でも、スピードは遅くできる!

医学的に見た「老化の原因」は、成長ホルモンの減少と環境(湿度や紫外線)によるダメージが二大柱。このうち、紫外線による「光老化」は、心がけ次第で大幅に防げる、若返りのキーポイントであると、村西先生はおっしゃいます。

「きれいなお肌は、体質より努力。特に紫外線対策は、頑張った分だけ結果が出ます。なるべく若いうちから、紫外線カットの習慣をつけることが大切ですね」

実際に、日照時間が少なく湿度の高い雪国の人は、昔から肌が美しいことで知られています。まさにこれは「紫外線を防ぎ、しっかり保湿」という、美肌の法則そのものと言えるでしょう。

日焼けすると「ガン」になる…、これは迷信ではありません。

紫外線は、見た目に悪影響を与えるばかりでなく、体の内部にも異変を起こします。

「よく、日焼けするとガンになりやすいって言いますよね。迷信だと思っている方、けっこういますけど本当です。特に、日焼けして真っ赤になる方は、ガンになりやすいので要注意です」

聞いただけでも恐ろしいお話!下の図では、さらに詳しく紫外線による健康への悪影響について説明しています。

赤くなる人、黒くなる人、どちらも日焼け止めは必須です

前項でふれた、日焼け後の肌の色変化。これは先天的なメラニン量の差が起こすもので、どちらの肌タイプにもメリットとデメリットがあります。(下表参照)

「共通して言えるのは、一年を通じて紫外線防止を行うこと。もしも赤くなってしまったら、冷やして炎症を鎮め、しっかり保湿してダメージを回復すること」

ちなみに村西先生によると、紫外線防止にいちばん効果的な方法は、日焼け止めを塗ることだそう。さらに、帽子や日傘を併用すれば、効果は倍増。陽射しがピークに達する初夏以降は、二重三重のガードでお出かけするよう、気をつけましょう。

その他、気になる夏のトラブル。困ったときには医師に相談を

紫外線以外にも、冷房や汗で不調になりやすい夏の肌。きちんとケアしても荒れがおさまらない時には、早めに皮膚科を受診して、専門家の診断をあおぐことが重要。

「例えば、この時期は額や眉間に肌色のブツブツができる汗管腫(かんかんしゅ)で来院される方が多いんですが、化粧品かぶれと間違いやすいんです。でも、全く違うものなので、素人判断は禁物です」

そうおっしゃる村西先生のお肌は、真っ白でシワひとつないタマゴ肌。徹底的な紫外線ブロックと適正なお手入れで、お肌は確実にキレイになるというお手本です。ぜひ、皆さんもこの夏は「光老化」に負けないよう、この記事を参考にエイジングケアに励んでください。

特別付録

そのお手入れ、実はキケンです!「間違いだらけのスキンケア」

普段「お肌にいい」と思い込んでいる自己流スキンケア。実は皮膚科医の目から見ると、お肌を荒らす原因になっているものも多いそう。今回は、特に多い「間違い事例」を取り上げ、村西先生にご指導していただきました。

●肌が敏感なので、洗浄力の弱いクレンジングを選んでいます。

洗浄力が弱いとメイクが残留し、結果的に肌を荒らす原因に。しっかり落ちるクレンジングで完璧にメイクを除去し、そのクレンジング料を洗顔料で落としきる、ダブル洗顔がいちばん肌にはやさしいのです。

●乾燥を防ぐため、加湿器を使って湿度を70%前後に保っています。

肌のうるおいを保つには50%程度で充分。家の中がカビない程度に調整してください。

●朝は石けんや洗顔料は使わず、水だけで洗っています。

就寝中に分泌された皮脂や、前夜の化粧品は酸化物質(汚れ)になります。水だけではくすみの原因になりますので、必ず洗顔料を使って汚れを落としましょう。

●肌のうるおいを保つため、お水をたくさん飲んでいます。

脱水状態は健康に良くありませんが、胃から吸収した水分が、角質のうるおいに影響することはありませんので、適量を摂取してください。

●洗顔タオルやブラシを使って、毛穴の汚れを落としています。

皮膚をこすると角質が剥離して、シワの原因になります。洗顔は手の平で、やさしく行いましょう。ティッシュで拭いたり、垢すりなども肌を痛める行為です。

●血行を良くするため、化粧水を強めにパッティングしてます。

激しく皮膚を叩いたり、クリームをゴシゴシ擦りこむと、毛細血管が拡張して赤ら顔の原因になることも。どちらも美容効果は全くありませんので、やめましょう。

●脂性なので、揚げ物や肉類は食べないようにしています。

肉も脂も人体には不可欠な栄養素。それらが欠けると、栄養バランスが狂って、かえって肌が荒れてしまいます。きちんとバランス良く食べましょう。

ページの先頭へ

銀座クレフのトップページへ

<商品購入に関するお願い>
近年、弊社銀座クレフ化粧品の商品がオークションなどにより販売されている事例がございます。しかし、弊社の商品はオフィシャルホームページ、又はお電話等の直接お申し込み以外での販売は行っておりません。オークション上で転売されている商品の購入ルートは、正規の流通ルートではなく保管状態や製造時期についての状況がわかりかねます。万が一、トラブルが生じたといたしましても、弊社では責任を負いかねますので、ご購入をお控えいただく事をお勧めいたします。
※オークションでご購入された商品に関するご相談はお受けできない場合があります。また、それらの商品の返品・交換はお受けできません事をご了承ください。